忍者ブログ

黄輪雑貨本店 別館

黄輪雑貨本店のブログページです。 小説や待受画像、他ドット絵を掲載しています。 その他頻繁に更新するもの、コメントをいただきたいものはこちらにアップさせていただきます。 よろしくです(*゚ー゚)ノ

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜の学校

里八さんたちとの競作、「夜の学校」を公開しました。
追記をクリックしてお読みください。

   夜の学校

 

 夜の学校、というのは基本的に怖い。

 その怖さはきっと、普段見慣れているモノが別の一面を見せる事から来るのだろう。いつもはにぎやかな校舎も、夜になれば音も無く人もいない、まさに別世界だ。

 普段とはまったく違う、別のモノを見る。きっと、それが怖さにつながるのだろう。

 

 

 

「…な?だから怖いんだよ。だからさー…一緒に来てくれよぅ」

 電話の向こうで木下が頼み込んでいる。コイツ…こういう時に妙な説得力を発揮する。そんなもん、国語のテストで発揮すりゃいいのに。

「…分かったよ。行くよ、公園で待ってろ」

「ありがとう相川~!やっぱ親友だよ、お前は~!」

 親友だって言うならこの前貸した千円返してくれよ、木下。

 

 公園に行くと、木下が先に来ていた。

「…なんだそれ」

「何って、懐中電灯とバッグとバットと…」

「なんでそんなもん持って来るんだ?」

 俺は木下の完全武装に呆れた。怖いって言ってたくせに、学校で夜練でもする気か、コイツ?

「いや、だからさ…懐中電灯は暗いからいるだろ?バッグはノートと教科書入れるし」

「バットは何に使う気だよ?」

「………お化けとか、出た時」「アホか!?いるわけねーだろ!しかもそれ、部の備品じゃん!この前も勝手に持ち出して、連帯責任で怒られたばっかりじゃねーか!」

 コイツ、中2にもなってオバケだの幽霊だの信じてんのかよ…。

 

 実際俺も、その時はそんなの信じていなかった。でもその日から、俺はそういうのを信じる気になった。

 

 

 

 学校に入ってからずっと、木下は俺の腕をつかんで…いや、体全体をくっつけて怖がっていた。

「こ、ここ怖いだろ?怖いよな?」

「ニワトリか、お前?コッココッコ鳴くなよ。あと俺から離れろ。お前の体温が伝わって気持ち悪いし、動きづらい」

「あ、ああ…ゴメン」

 ようやく木下は俺の腕から体を離した。…腕がベトベトして気持ち悪い。

 

 そうこうしているうちに、俺たちは教室にたどり着いた。

「あ、もう着いた。…は、はは、意外となんてこと無かったな」

 そう言いながらも木下はプルプル足を震わせている。ここで俺はちょっとしたイタズラを仕掛けたくなった。

「これが無いと明日怒られちゃうからなー…」

「そうだな。…ん、何だあれ?」

 俺は床に落ちていたプリントに切れ目を入れ、懐中電灯でそれを透かした。懐中電灯を動かすと、窓にはまるで人魂のようにユラユラ動き、チカチカ瞬く光が映りこむ。

「はっ…ひ、ひゃああっ!」

 光を見た木下は変な声を出してバッグをつかみ、俺を置いて逃げていった。

「は…ハハハハ!なんだ、アイツ…こんなもんにだまされてるよ、バカじゃん!」

 俺は木下の様子を見て、机をバンバン叩きながら爆笑していた。

 

 数分経っても木下は戻らない。どうやら帰ってしまったらしい。アイツ、本当に俺の事親友って思ってんのか?…調子良すぎるよ、木下。

「…帰ろ」

 俺はプリントを丸め、そのままポケットに入れて帰った。…今思えば、何で捨てなかったんだろ?

 

 

 

 2人で騒いでいた時はそんなに怖く無かったのだが、一人で廊下を歩いていると確かに少し、怖い。今にも教室や、曲がり角から何か出てきそうな気がして、俺は木下が忘れていったバットを握りしめて歩いていた。…今のうちに、部室に返しとこうかな。

「…ん?」

 何か音がした。俺はゴクリと生唾を飲む。

「誰か、いるのか?」

 後ろに振り向き声をかけるが…反応が返ってこない。どうやら、気のせいだったようだ。俺は前を向きなおした。

 

「なあに?」

「…わあっ!?」

 振り向いた先に、同級生くらいの女の子がいた。目の前に立たれたので、俺は驚いて突き飛ばしてしまった。

「痛っ」

「あ、ゴメン。…大丈夫?」

「…何すんのよ」

 女の子はすぐに立ち上がり、俺をにらみつける。

「目の前だったから…悪かった」

「…いいけどね…一人じゃ怖かったし」

「…君も何か忘れ物?」

「うん。ちょっと、ね。…あの、その…」

 女の子は俺を見つめ、もじもじしている。

「…ついて行こうか?」

「あ、ありがと…う」

 女の子はほっとした様子で、俺の手を握る。木下に握られた時と違い、なんだかフワフワして心地いい。

「あたし、2年A組の真山香奈。よろしくねっ」

「お、おう。…俺はC組の相川正樹。よ、よろしく」

 

 もう一度2年の教室に戻り、真山が机を調べた。

「あ、あった~!」

 真山は机の奥から、赤い表紙のノートを取り出した。ノートには真山じゃない、別の名前――暗くてよく見えないが、「沢…」と書かれている。

「それ…友達の?」

「そうそう!これだけは取ってきて!って、強く頼まれちゃったから」

「そっか。…じゃ、もう帰ろっか」

「…ねえ、ちょっとだけ、ここでお話し、しよ?」

 真山はなぜか、俺を教室に引き止めた。…なんだよ?

 

 

 

 2人で椅子に座って向かい合う。結構、可愛いかも。真山が口を開く。

「…あのさ、あたし…ちょっと色々あってさ、明日には、ここを離れないとダメなの」

「引越し…とか?」

「うん、そんな感じ…。だからさ、どうしても今日、コレ取りに来なきゃいけなかったの」

「…?友達のだろ?なんで君が?」

「友達も…一緒に行くから。その子は…いま、準備してて」

「そっか…。大変だな」

 なんだかしんみりしてきた。間が持たないので、俺はなんとなく、ポケットに手を入れた。指先にガサッとした感触がある。…さっきのプリントだ。

「どしたの?」

「あ…さっき拾ったんだ」

 広げてみると、さっき切り込みを入れたせいで少し破れていたが、何とか内容を読む事ができた。

「何だこれ…保健のプリントだ。『異性を意識した事はありますか?』…『異性とキスし…』わ、わあっ」

 俺はプリントを放り投げた。真山は俺を見て笑い出す。

「プ、クク…赤くなってるぅ」

「が、学校のプリントにこんなの書くなよっ…!絶対川畑が書いたやつだな」

「川畑…ああ、川畑先生?結構カゲキらしいよね」

「こんなの書く奴、川畑しかいねーよっ!…ったく、何読ませてんだよぉ」

 自分でも分かるくらい、顔が熱い。女の子の前で変な文章を読んだせいで、俺は恥ずかしくなりそっぽを向く。

 

 不意に、真山がそっぽを向いた方に回りこみ、顔を近づける。そしてそのまま、俺にキスをした。唇にフワッとした、だけど少し、涼しい感触が伝わる。

「…んっ…むぐ!?」

「…えへへ、そのプリントにマル付けといてね」

「なっ…あっ…ちょ…」

 俺は全身の力が抜け、椅子にへたり込む。真山はそのまま後ろを向き、ポツポツと話し始める。

「…ここ離れる前に、思い出作りたかったの。相川君だったら、いいかなって…。

 あたし、普段はおとなしめで、とてもじゃないけどこんな事できない子なの。ホントよ?周りの…雰囲気が違うからかな?なんだか…してみたくなっちゃった。

 相川君、覚えててね。あたしと…キス、した事」

 そう言って、真山は教室から出て行った。俺は呆然としていて、追う事なんかできなかった。

 

 

 

 翌日の朝、木下が慌てて俺のところに駆け込んできた。

「相川、相川~!ニュース、ニュース!」

「あ、…お前、昨日一人で」「大変だよ、A組の子が死んだって!」

 A組、と聞いて俺は怒るのも忘れ聞きなおした。

「死んだ…誰が!?」

「えーっと、確か…沢村って女子と、真山っていう…こっちも女子」

 

 

 

 後で詳しく聞くと、2人は昨晩バスの事故に遭い、真山は即死。沢村も4時間後――真山が教室を出たくらいの時刻に――亡くなったそうだ。

 不思議な事に沢村が亡くなる前、ベッドで横たわる彼女の上に、赤いノートが置かれていたそうだ。

 中には、友達と教室で野球部の練習を見てる様子や、その中で気になった男子の事が書かれていたそうだ。…もしかして俺も、練習してるとこ見られてたのかな。

 

 それから俺は幽霊、信じるようになった。信じないわけには行かなくなった。もう一回、会いたいから。

 あのプリントにも、しっかりマル付けてあるよ。

 

PR
*COMMENT-コメント-
▽感想をば
 2度読みました。っで感想。(登場人物への敬称は略)。
 統一されてる、と思いました。書き始めの段階で、ラストーシーンまで思い描いてる、という印象受けましたね。
 完結させてるところも良いですね。未完の物語を作るのと、物語を完結させるのとはでは、必要になってくるレベルも違いますし、ラストシーンが頭にあったとしても、結構難しかったのではないかと思います。
 個人的に、木下が帰ってから、相川が真山に会うまでの間が、一番雰囲気があって好きです。【2人で騒いでいたときは……】【バットを握り締めていた】っていう流れがいかった。あのくだりは、恐い。この部分だけ2倍のボリュームがあって欲しかった。
 真山が登場してからの流れは、ちとありがちでしたね。登場した瞬間「これ本当は幽霊だべ」と予測できたのは、私が年食ってるからでしょうか。……いや、そんなことはないっ! ま、親友まで死んでるとは思わんかったけど。
 ノートへの流れも、ちと使われすぎてますね。真山が即死で、沢村が4時間後っていう設定は、読み直したときにフムフムと思ったりもして。
 プリントの話は「うへ、最後にこれ持ってキタ」と一人でつっこんでみたりしました。
 んで、
 物語としてはよく考えまとめられてると思います。できることなら、時期を知りたかったですね。自家の外が舞台ですから、最初に季節が夏とか秋とか。まあ、夏ってのは読み直せば分かりますが。一人称だから周囲の環境が書きづらいってのはあるでしょうが、最初に季節は欲しかったなぁ。でないと主人公の服装や、周りの風景も、ちと想像しにくい。
 中学2年っていうのも、さらり出してくれましたが、もう少し中2らしいところも欲しかった。あのプリントで赤面するってのは、まあ中2らしいといえばそうですが。
 ついでに夜の学校に侵入するのは結構難しいですy。
 千円貸したという下りも具体的すぎて、逆にわざとらしい一面がでてるかも。
 という感想でした。
 なんやらワカラン、と言われても感想であって、小説じゃないしなぁ。
 とりあえず、上記を考慮して私も来週には、夜+学校の文を完成させます。某人に+ファンタジーとつけ加えられたので、そこらへんもプラスしてやってみます。そういうわけで、また来週。
 小説面白かったです。アリリ
▽Re:感想をば
早速の感想ありです。

突っ込まれたなぁw
まあ…確かにちょっと粗があったかもしれませんねぇ~。
それでも概ねいい評価をいただけたみたいでほっとしてます(*´∀`)

また里さんのも読ませていただきますね~。
▽読ませてもらいましたっ!
全体的に暖かい(?)
でも哀しい物語ですね。

「相川」からの視点で全体がしっかりまとめられていて、わかりやすく、そして読みやすい文章でした。里sと重複するところありますが、登場人物の心情を悟らせる文章が多々あり、いろいろ感じることができました。
最後の「あのプリント~~~」は少々ぐっときたのかもしれません( ´・x・)
 いろいろ参考にさせてもらいます。ありがとうございました&また新しいのできたら読みにきますねb
▽感想~
ホラーかと思ったら、甘酸っぱい展開になってやや驚きました@@
私もラストシーンを決めてから書き出してたんだな、と思いました。

 真山さん。しっかりモノっぽい印象で、口調とかも気が強そうだけど、もう一押し性格だしてもいいかも?
キスは「むぐっ?」と言わせるとなまなましいから、チュッってくらいのバードキスがいいな。相川が一瞬何が起こったかわからなかったくらい軽く。でもそれだって彼女にはスッゴク勇気がいる行動なのです>< 
その後背中を向けて、語り始める彼女が 泣いてるのか赤くなってるのか、想像を駆り立てますね。(ラストで相川が後姿を思い出して想像めぐらせるのもいいかもー)

相川。クールすぎるので前半が怖がる木下がこっけいにみえて、後半の校舎に怖がれなかった;
どうせならリアリズムの相川が一人になってから怖がるのは「先生」や「忍び込んだホームレス」とか「ニュースでやってた いまだつかまってない強盗」とか、現実でありえる怖さを出してはどうでしょうか。そのうえで、一人暗闇にいる恐怖を演出、トカネ。
↑いったん幽霊やお化けなどの可能性から思考をそらすと、もっとメリハリがつくと思います。

アイテム編。
@夜の校舎にバットもった男子とか、逆に真山さんが引いちゃうと思う;
使い道としては、バットを「俺も怖かったから」という打ち解けるアイテムにしてもいいのかな?

 沢村ノートですが、ノートというより日記みたいだし、いっそレトロですが真山との交換日記にしては?二人で野球部を見ていた共通の思い出アイテムになりますbだって相川は沢村の思い出なんて興味ないし(酷
▽Re:読ませてもらいましたっ!
感想ありです。

>全体的に暖かい(?)
>でも哀しい物語ですね。
そういう話が大好きなんです(*´∀`)

>最後の「あのプリント~~~」は少々ぐっときたのかもしれません( ´・x・)
よし、狙いピッタリw

次回も頑張りますね~(*゚ー゚)ノシ
▽Re:感想~
感想ありです。

ホラーは苦手です^^;
どうも「救い様の無い話」って言うのが書けない…っていうか書きたくなくって。
怖がらせるよりも、どうしても笑わせたくなるんですよね~w
まあ…そこら辺が1人で帰る時とかバットとかで説得力を失わせたかも。
そこら辺は精進します(;゚ー゚)b

中学生に「むぐっ」はオーバーすぎたかw
▽感想でっす
感想をば^^

続きものかと思って読んだのですが
短編だったんですね
読みはじめから話の方向性がまとまってる感じで良かったです

基本的に先読みしないで読んでしまうので
楽しく読ませていただきました♪

次回作も読んでみたいなって思うので
がんばってくださいね♪
▽Re:感想でっす
感想ありです。

まとまりは結構重視する性質なので、そういう評価をもらえるのはすごく嬉しいです(*´∀`)

次回も頑張りますよ~(*゚ー゚)b
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アフィリエイト


最新コメント
[09/05 黄輪]
[09/05 サトシ]
[08/21 黄輪]
[08/21 猫まんま]
[08/21 leader]
[06/30 黄輪]
[06/30 あ]
[06/20 GAME MANAGER]
プロフィール
HN:
auring/黄輪
年齢:
34
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1983/08/23
職業:
PC関係
趣味:
五目並べ、ドット絵
バーコード
ブログ内検索