忍者ブログ

黄輪雑貨本店 別館

黄輪雑貨本店のブログページです。 小説や待受画像、他ドット絵を掲載しています。 その他頻繁に更新するもの、コメントをいただきたいものはこちらにアップさせていただきます。 よろしくです(*゚ー゚)ノ

2017.07│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蒼天剣・琴線録 4

晴奈の話、61話目。
古い日記。


4.
「482年 6月10日 雨

 焔先生との商談もまとまり、ようやく一息つける。

 この後はどうしようか。大月に戻ってもいいが、掘り出し物を見つけに弧月へ向かうのも、紅蓮塞からなら近い。

 どうせ帰っても一人だ。それならいっそ、小旅行気分で弧月に行くのも悪くない。

 決めた。弧月に行こう。

 

 482年 6月19日 曇り

 ようやく弧月に着いた。こう雨続きでは、整備された街道でも歩くのが困難になってしまう。

 弧月はやっぱり、古美術商には垂涎の街だ。あっちこっちに遺跡があるから、掘り出し物が一杯あって、すごく楽しい。

 とりあえず今日は宿でゆっくりして、明日から露店などを見て回ろう。

 

 482年 6月21日 雨

 すごい掘り出し物、発見! 古代の魔術を記した本!

 クリスに売れば、どれだけの値が付くのか! ううん、それより! とっても面白いことが書いてあった。

 帰ったら、試してみよう。こう考えると、大月に帰りたくて、仕方なくなってきた。

 とりあえずもう一日、露店めぐりをしようかな。橘さんのお店も美味しかったし、また行ってみよう。

 

 482年 7月9日 晴れ

 わくわくして仕方が無い。私に、家族ができるなんて!

 名前は雪乃と、花乃と名付けた。もちろん、私の名前から取った。まだ術の効果が出てまも無いためか、雪乃たちの動きはのろい。いや、赤ちゃんだから、かな?

 赤ちゃん。私に、赤ちゃん。

 こうして文字に書くだけで、震えるほど嬉しい」

 

 

 

「雪乃……。やっぱり、雪花さんは雪乃さんのお母さんだったんですね」

「いや待て、良太。おかしいぞ、これ」

 読み進めていた晴奈は、矛盾点を指摘する。

「師匠が7月に生まれたとするならば、6月はまだ、雪花殿は身重だったはずだ。そんな体で、紅蓮塞やら何やらに行けるか?」

「え? ……おかしい、ですね?」

「それに、6月の時点では家族がいない、とある。独身からいきなり、2人の子持ちだと?」

「話が、見えないですね」

 良太は食い入るように、日記を見つめている。晴奈はさらに、気になる点を指摘した。

「あと、師匠には花乃と言う姉妹がいることになるな。師匠からそんな話を聞いたこと、あるか?」

「無い、です」

「術と言うのも、気にかかるが……。何がなにやら、見当が付かぬ。ともかく先を、読んでみよう」

 

 

 

「482年 10月2日 晴れ

 雪乃も花乃もすくすく成長している。

 ハイハイできるようになった。もう、可愛くて仕方ない!

 ご飯もよく食べるし、健康そのもの。やっぱり、この子達を作って正解だった。

 私、幸せ!

 

 482年 11月1日 曇り

 クリスがやってきた。あの魔術書の買い取りに来てくれたのだ。もう使いたい術は使ったのだし、売ることにした。287200クラムで交渉成立。玄銭に換算して、200万以上は軽く超える。本の値段としては、相当な儲けになった。

 ついでにクリスと食事。儲けさせてくれたお礼に全額おごらせてもらおうとしたが、『次の商売の時、またお世話になるから』と、割り勘になった。

 さすが、金火狐一族。顧客は大事、ってわけね。

 

 482年 12月18日 雪

 花乃がしゃべった!

 私のこと、お母さんって言ってくれた! 嬉しい! 可愛い! 大好き!

 

 483年 1月1日(双月節) 晴れ

 あけましておめでとう。今年もよろしくね、雪乃、花乃。

 花乃からちょっと遅れて、雪乃もしゃべれるようになった! 本当、嬉しい!」

 

 

 

「あ、の……」

「ああ……」

 晴奈も良太も、同じ箇所を指差している。

「作った、って」

「それに、魔術は使った、だ」

「まさか……」

「……続きを、読もう」

 

 

 

「485年 5月25日 晴れ

 雪乃も花乃も、本当に可愛い。今日なんか、花の冠を二人して作って、私に贈ってくれた。感激! 大事にするからね!

 追記、少し気になることがある。つま先が、軽くしびれている。揉み解しても、しびれはなかなか消えなかった。どこかにぶつけたかな?

 

 485年 8月10日 晴れ

 雪乃が転んだ。慌てて手当てしようと思ったら、膝から綿が出ていた。もう2年経つのに、まだ術は完璧ではないのだろうか? 早く、完璧になってほしいな。

 そしてもう一つ、気になることが私自身にも。つま先のしびれがひどくなってきた。今度、お医者さんに診てもらおう。

 

 485年 8月13日 雨

 わけわからない なにがどうしたのよ

 

 485年 8月14日 雨

 わけが分からない。私の体に、大量の木片? しかも筋肉や骨と融合して、取り出すのは不可能? 聞いていて、ぞっとした。

 私の不安が分かるのか、花乃がお茶を淹れ、雪乃が出してくれた。本当に、いい子たち。

 あ、雪乃のケガはほとんど治ったみたい。良かった。

 

 485年 9月6日 晴れ

 モールとか言う、変な人に出会った。

 怖かった。いきなり「キミ、人形になりかけているね」なんて言ってくるんだもの。でも、その人の言葉は、痛いほどよく分かった。

 魔術には、代償を必要とするものもあるのだと、ようやく気付かされた。私は人として、踏み込んではいけない領域に入ってしまったのだ。

 私は家族がほしい、ただそれだけが願いだったのに。

 雪乃と花乃が泣いている私を見て、つられて泣き出してしまった。ゴメンね、二人とも。

 

 485年 9月7日 曇り

 モールを家に泊めて、二日目。

 雪乃と花乃の遊び相手になってくれるし、結構いい人なのかな? でも、子供たちにデコピンしたり、「人形ちゃん」と呼びかけたりするのはやめてほしい。

 二人とも、れっき―――――――

 れっ き と した 人間 ―だ か ら。

 手、痛く ―なっ て ―き た」

 

 

 

 良太は震えている。晴奈も、ダラダラと汗が流れっぱなしだ。

「これ、って……」「待て」

 言いかけた良太の口を、晴奈が押さえる。
「……師匠」

 晴奈がぽつりとつぶやいたその一言に、身を震わす者が二名いた。

 晴奈の横にいた良太と――通路の陰に隠れていた、柊。
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アフィリエイト


最新コメント
[09/05 黄輪]
[09/05 サトシ]
[08/21 黄輪]
[08/21 猫まんま]
[08/21 leader]
[06/30 黄輪]
[06/30 あ]
[06/20 GAME MANAGER]
プロフィール
HN:
auring/黄輪
年齢:
33
HP:
性別:
非公開
誕生日:
1983/08/23
職業:
PC関係
趣味:
五目並べ、ドット絵
バーコード
ブログ内検索